1. Home
  2. /
  3. BOOKS
  4. /
  5. 姉・米原万里

姉・米原万里

姉・米原万里

700円
SUBTITLE: ---
SERIES: 文春文庫
VOLUME [SERIES NAME] : いー104ー1
MULTI VOLUME TITLE: ---
VOLUME [MULTI VOLUME TITLE] : ---
AUTHOR: 井上ユリ
MULTI VOLUME AUTHOR: ---
PUBLISHER: 文藝春秋
RELEASE PLACE: ---
AGENCY: ---
SIZE: 文庫
RELEASE DATE: 2019年01月
ISBN: 9784167912154
  • Quantity
Share |

ロシア語通訳、作家・エッセイストとして活躍した米原万里が、2006年に56歳の若さで世を去ってから10年以上の年月が経つが、その人気は今も衰えていない。

プラハのソビエト学校における少女時代を共に過ごし、その闘病生活も看取った3歳下の妹、井上ユリ(故・井上ひさし夫人)が綴る、食べものの記憶を通した姉・米原万里の思い出。プラハの黒パン、ペリメニ、「旅行者の朝食」、ハルヴァなど、米原作品に登場する美味珍味が勢ぞろい。

鳥取の山林地主の次男に生まれながら筋金入りの共産党員となり、戦争中は地下活動も辞さなかった父。勉強好きで批判精神の旺盛だった母。その母をして「トットちゃんより変わっていた」と嘆息させた万里の幼少期や、後年の大胆な発言やふるまいとは異なる、少し臆病な少女時代--。食卓を彩った数々の食べものを通して、米原家のユニークな面々を描き出す上質なエッセイ集となっている。秘蔵写真も多数掲載。文庫版のための追加写真もあり。